ワキガか否かのセルフチェック方法

ここでは、ワキガかどうかを自己判断する手段を紹介していきます。

 

■まずは臭いをチェックする
まずは自分で臭いをチェックしましょう。
それで、酷い臭いがするのであればワキガの可能性があります。

 

ただ、人間は臭いにだんだん慣れていくものなので、
常に接している自分の臭いには特に鈍感になってしまうものです。

 

ですから、自分の臭いをチェックする場合には、
自分の脱いだ服や枕の臭いをチェックしてみる事をオススメします。
これならば、臭いが分かりやすいはずです。

 

裏を返せば「本来感じにくいはずの、自分の身体の臭いさえ
酷いように思える」のであれば、ワキガである可能性がかなり高いです。

 

ただし、シャワーを浴びた直後などは「臭いを止める事ができてしまっている」ので、
ワキガかどうかを判断するには適しません。

 

 

■服に黄色のシミがあるか否か
服に黄色いシミが確認できる場合は、ワキガかもしれません。

 

脇汗には2タイプ存在しまして「エクリン汗腺からの汗」と
「アポクリン汗腺からの汗」があります。
エクリン汗腺からの汗は性質がほぼ水と一緒ですから、ほぼ無色無臭です。

 

ですが、アポクリン汗腺からの汗には、たんぱく質やアンモニアや
糖質などが入っているので、やや色が付いていて粘度が高くて、臭いも強いです。
そのため、服に黄色いシミができてしまう場合があります。

 

そしてワキガの方は、このアポクリン汗腺が大きかったり、
本数が多かったりしているのです。
ですから、黄色いシミの有無を確認する事で、アポクリン汗腺のサイズ、
本数、働きなどをある程度チェックする事ができるのです。

 

 

■腋毛の様子
1つの毛穴からたくさん腋毛が出ていたり、太い腋毛があったりする場合は、
アポクリン汗腺がたくさんある可能性が高く、ワキガである場合が多いです。
太い腋毛の周りにアポクリン汗腺が多く存在する傾向にあるからです。

 

もちろん、腋毛を抜くなどしても臭いを止める事はできませんので、
無闇な脱毛はしないようにしましょう。
皮膚へのダメージになってしまい、臭いを止めるどころか
かえって臭いが酷くなってしまいます。

 

■温度と無関係に汗をかく事が多いかどうか?
エクリン汗腺からの発汗には、体温をコントロールするという意味合いがあります。
ですから、気温が低ければエクリン汗腺からはあまり汗は出ません。
ですが、アポクリン汗腺からはいつでも発汗し得ます。

 

ですから、暑さを感じていないのに発汗量が多い場合は、
アポクリン汗腺から発汗している可能性が高いです。
そして、その汗の量があまりにも多い場合は、ワキガを疑いましょう。
その汗の臭いが酷かったり粘度が強かったりするのであればなおさらです。

 

 

■耳垢をチェックする
耳にもアポクリン汗腺が存在しており、実はエクリン汗腺はありません。
ですから、ジメジメした耳垢が出る場合は、
アポクリン汗腺から汗が出ている可能性が非常に高いのです。

 

「アポクリン汗腺が耳に多いのに脇には多くない」という事はほぼありません。
ですから、耳垢が湿っている場合はワキガである可能性が高いです。